2018年02月22日

事業者連絡会を開催しました

 2月19日(月)、今年度2回目の「事業者連絡会」を障害者スポーツセンター会議室にて開催。

人材不足が続く中、「職場内のコミュニケーション」を通して職場の働きやすい環境や職員の定着率の向上について考える機会にしていただこうと企画しました。

講師さんは、日本コミュニケーショントレーナー協会 認定コミュニケーショントレーナーであり指定共同生活介護ミモザ サービス管理責任者でもある北村桂介 氏をお招きしました。
話し手と聞き手の役割分担をしながら、「聞いてもらった感を感じる」演習などを、実際に体験をしました。私自身、初対面の方に、悩み事を聞いていただいたり、相手の方のお話に向き合っているうちに、妙に親近感を覚え、これが「信頼関係の構築」の第1歩かなぁと感じながら参加しました ^^)
参加者の皆さんも遠慮なくお話されている様子で、「時間が少なかったため、もう少し聞いてみたい」「質問の時間が欲しかった」とのお声もあり、盛り上がっていた印象でした。

  第2回事業者連絡会写真01.jpg
  第2回事業者連絡会写真02.jpg

今回は、障害福祉関係事業所以外に介護保険関係の事業所さん、子育て関係の事業所さんにもお声がけしています。「届いた案内がきっかけで初めて参加しました」と保育所の方にも足を運んでいただき、40名ほどの方が参加、うれしい限りでするんるん

忙しい時間を割いて参加してくださった皆さま、お疲れさまでした&ありがとうございましたかわいい

きふね(n.n)

posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 12:30| Comment(0) | 協議会

2018年01月26日

雪ですね。

お疲れさまでございます。


名古屋では珍しく、二晩連続の雪となりました。
つるっつるの道もまだあると思いますので、何かしら人生の試験を控えていらっしゃる皆さま(?)、お気をつけください。


20180126-3.jpeg


20180126-4.jpeg


20180126-2.jpeg


20180126-1.jpeg


それでは、この辺りで。


('◇')ゞ


[きふねYY]
posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 12:54| Comment(0) | スタッフ

2018年01月22日

「しる部会」

お疲れさまでございます。



もうすぐ冬季オリンピック・パラリンピックが始まるそうですね。
いろいろと言われていますが、先日見ていたテレビで、スポーツ評論家の方が、「オリンピックには、平和の祭典という側面がある。スポーツに政治を持ち込むものではない、というが、ことオリンピックの開催・参加に関しては、政治的であって当然なのである」といった趣旨の話をされており、目からうろこが落ちました。
開催期間中だけでも平和である、平和を実感する、ということに意味があるわけですね。
「オリンピックは、参加することに意義がある」という言葉も、やっとその意味が理解できたように思います。
そのことと、競技としてのルールを守ることはまた別の話ですけどね(参加に関するルールを多少曲げるのはともかく、競技としてのルールを捻じ曲げるのは、いかがなものかと思います)。


さて。
お久しぶりね、の「しる」部会です。



活動をしていなかったわけではありません。



次の企画について考える時期が来ており(つまり、ネタのストックがなくなった)、角を突き合わせて侃々諤々の議論を行なっています。
結果、ちょっとここでは書けないような、壮大な計画が持ち上がったのですが、何しろ壮大過ぎるので、では名東区で、「しる」部会でできることってなんだろう……と、いわゆるブレイクダウンをしてみたところ、



「SNSで情報発信」




という恐ろしいほどありがちなところに落ち着き……そうになったので、まだまだ検討していきます。



アイデア、お待ちしています(??)。



それでは、この辺りで。



('◇')ゞ



[きふねYY]



名東区の豆知識:お休みです。
posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 16:39| Comment(0) | 協議会

2018年01月05日

本年もよろしくお願いします

遅ればせながら・・・本年もよろしくお願いします。晴れ

年明け早々、月末には名東区連絡協議会の全体会です。30年度には制度改正や報酬改定、31年度(と言っても4月末で年号が変わるようで、とすると元年ですが・・・)にはサビ管や相談支援の研修カリキュラムの改定と、またまた大きな変革の時期を迎えます。雷

あ、名古屋市の基幹センターも26年度から数えて来年度が5年目、契約が一区切りとなり、次の契約に向けてのプロポーザルがあるようです。台風

大波に飲み込まれないように祈り・・・じゃなくて、頑張ります。あせあせ(飛び散る汗)  [センター長]
posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 16:44| Comment(0) | 日記

2017年12月11日

協議会広報(第3号)

お疲れさまでございます。




10月、平成29年度第3回の名東区障害者自立支援連絡協議会の全体会が行われました。


協議会広報第3号(PDF版)


↑クリックすると、別ウィンドウで表示されます。

※ファイル形式はPDFです。閲覧には、閲覧用ソフトが必要な場合があります。Adobe Acrobat Readerは、無償で提供されている閲覧ソフトです。必要な方は、こちらからダウンロードしてください。




また、WORDファイルもアップロードしています。



協議会広報第2号(WORD版)



↑クリックすると、「読み取り専用」のファイルがダウンロードされます。



年末に向けて、じょじょに体調が悪くなっています……。
みなさま、ご自愛ください。



('◇')ゞ




よろしくお願いいたします。



[きふねYY]
posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 17:11| Comment(0) | 日記

2017年12月07日

もうすぐクリスマス

こんにちは。うごく部会です。

名古屋駅周辺が、どんどん進化していて、出かけていくたびに変わっているのには驚くばかりです
ということで、うごく部会のメンバーは、華やかに彩られた「名古屋駅〜笹島」をワクワクしながら散策して、クリスマスの雰囲気を味わってきましたクリスマスツリー

どこいこめいとNO.7が出来ました

名古屋駅.ささしま編pdf

12月に入りずいぶん寒くなりましたが、足を運んでみてはいかがでしょうか?   きふね(n.n)


posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 15:31| Comment(0) | どこいこめいと

第1回事業者連絡会

お疲れさまでございます。


事業者連絡会03.jpg


11月29日(水)、サンプラザシーズンズにて、今年度第1回の「事業者連絡会」を開催いたしました。
準備はずいぶん前から始めていたのですが、区内事業所のみなさまにアンケートにご協力いただいたりする中で、肝心の募集を始めるのを忘れていたという……急なご案内にも関わらず、20名を越えるかたにご参加いただき、本当にありがとうございました。


前半は、「支援者の抱えるネガティブな感情とメンタルヘルス」と題して、カウンセリングオフィス「ひぃりんぐ工房とぽす」の西野先生からご講演いただきました。
進行の人間(私ですが……)が、今回のテーマを「支援者のメンタルヘルス」とした理由を、「人材確保、人材定着が課題であり、より重要になってくるのではないか」とお伝えしたからなのか、人口減少・いたるところでの高齢化・若い人材の確保の困難さ、というところからお話が始まり、思いがけない視点での人材確保の方策(?)が提案されました(驚)。
支援者として、「職場でそこそこ大事にされている感はありますか?」との問いかけがあり、大事にされていないとすると、それが利用者さんに伝わっている可能性がありますよ、「支援者がごきげんでいる」ことも重要だ、とのことでした。
では、支援者がもっと自分を向上させればいいのか、というとそういうわけでもなく、職場環境を整える、ということが必要だ、と。
支援の現場でも、環境の調整は重要だと言われています。
ということは、支援者は普段から、何気なくにしろ、意図的にしろ、環境を調整しているはずなんですが……それを自分たちの職場にフィードバックするという発想はあまり出ませんね。
また、アルコール依存の人がお酒に近づきたくなる危険な状態を表す「HALT(空腹(hunger)、怒り(anger)、孤独(loneliness)、疲れ(tiredness)」という言葉を教えていただきました。
アルコール依存の人に限らず、人間は「HALT」の状態が長く続くと調子を崩してしまうことが多いようです。
こういった状態がひどくなる前に対処する(例えば、「疲れたから休む」のではなく、「疲れる前に休む」)ことができれば、支援者も調子をあまり崩すことなく仕事を継続できるのではないでしょうか。
個人的に、お話の中で、「やさしい暴力」「助けられ上手になる」「安心感を与えられるような支援者がいい」といったワードが心に残りました。
西野先生、たくさんの気づきのあるお話、ありがとうございました。


事業者連絡会02.jpg
事業者連絡会01.jpg


後半は、グループに分かれての交流会、ということで、西野先生の講義を受けて、メンタルヘルスについての事業所の課題など意見交換していただきました。
お忙しい中残っていただいた西野先生に、グループをまわっていただきましたので、普段なかなかぶつける相手のいない質問にもお答えいただいたのではないでしょうか。
いつも、「交流する時間が短い」とのご意見がありますが、「足らないくらいがちょうどいい」、という私の感覚はともかく、この連絡会での出会いをきっかけに、区内での(区内にとどまらず)ネットワークを作っていっていただければ、と考えています。


年度内には第2回の連絡会を予定しています(「職場でのコミュニケーション」をテーマにするらしいです……らしい?)。
ご期待ください。


('◇')ゞ


[きふねYY]
posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 11:34| Comment(0) | 協議会

2017年12月05日

3区合同セミナー

先週の話となってしまいますが、12月1日(金)、今年で第3回を数える「あそんで学んでつながるセミナー2017」が千種区役所講堂で行われました。千種区・名東区・守山区の障害者自立支援連絡協議会の子ども関係部会の合同企画で、70名余りの参加をいただきました。1部として高田短期大学の川ア道夫特任教授をお迎えし、「あそびのちから〜クーネルアソブは子どもの本分〜」と題した講義をお聞きした後、希望者は2部として、平和公園でのフィールドワークも行いました。

福祉従事者には何かと厳しい状況が続いていますが、名古屋市東部地域療育センターの対象エリア間で、支援者同士がつながり、学び合っていきましょうというこのセミナー、夜には3部となる懇親会へ。今池にある就労継続支援B型事業所「MUSIC & FOOD Imago」に40名程が集まり、ジャズトリオのライブに盛り上がりました。

座席はくじ引きだったのですが、隣席には区内の放課後等デイの若手スタッフが・・・聞けば22歳、ウチの愚息どものちょうど間の歳・・・確かに最近、飲み会の年齢層が気になるし、M-1の決勝観てても面白さが分からなくなってるし・・・(-_-;)  [センター長]
posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 09:09| Comment(0) | 日記