2018年04月27日

「しる部会」

お疲れさまでございます。



堂々巡り。



4月17日(火)、今年度最初の「しる」部会を開催しました。
前回も書きましたが、年度末年度初めの「しる」部会は、大抵アイデンティティ・クライシスに陥りますので、掘り下げて、掘り下げて、掘り下げて、結果、



「困りましたなぁ〜」
(-。-)y-゜゜゜  ( ^^) _旦~~




と縁側で日向ぼっこしているご隠居のようにのんきにつぶやいたりしております(そんなご隠居はもう絶滅しておりますか?)。
というわけで、このブログで、さながら×××な×××のように、生き生きと活動している部会の様子をお伝えするのはしばらく先になるかもしれません(※「×」にはお好きな言葉を入れてください……自分で入れようと思ったら不穏当なものばかりだったもので……)。



もっとも、このブログの「しる」部会の記事で、ちゃんと活動をお伝えすることのほうが少ないですけれども。



「堂々巡り」、という言葉は、いつの頃からあるものか、どんな語源なのか、諸説あるようです。
祈願のために、いくつもお堂を巡ることだ(あるいはお堂の中をぐるぐる回ることだ)、というのが一般的でしょうか。
でも、それだとあまり、現在の言葉の意味「議論や考えが先に進まない、同じ場所を回っている」というネガティブなニュアンスにつながらないように思います。
語源となる事象と、使われている言葉の意味で、ニュアンスが変わってしまうこともままありますから、「願いをかなえるために、いくつもお堂を巡るのは<空しい>」ので「議論や考えが先に進まないことも<空しい>」という意味になっていった、かもしれません。

天台宗には千日回峰行といって、比叡山の諸祠堂をおよそ1000日の間、徒歩で巡り続ける、という修行があります。
「同じ場所を回っている」という「堂々巡り」のイメージだと、こちらのほうが近いのではないでしょうか。

また、仏教には「右遶三匝(うにょうさんそう)」という、仏に対しては右回りで周囲を三度巡る、という礼式があります。
これを実践しながら、なおかつ西国三十三カ所・坂東三十三カ所・秩父三十四カ所、計百の観音霊場を回ることができる、として江戸は本所の五百羅漢寺の三代・象先禅師が思いついたのが、いわゆる「さざえ堂」です。
「お堂の中」とはいえ、「同じ場所を(三度とはいえ)回る」ことになるので、「堂々巡り」っぽくはあります(実は、階を上り下りすることになるので、同じとは言えないのですが)。

ただ、どちらも、いまひとつ「議論や考えが先に進まない」とはつながらない感じがします。
とすると、「堂々」がそもそも、祠堂のことではないのかもしれません。

「正々堂々」という言葉は、孫子の「正正の旗、堂堂の陣」という一節からきているのではないか、と言われています(※「無邀正正之旗、勿撃堂堂之陳」……「秩序だって旗を掲げ、重厚な陣を敷いているものを攻撃することはない」……)。
では、この言葉は、「堂々巡り」へとつながるのでしょうか……よくわかりません。



世の中、すっきりすることばかりではありません。



それでは、この辺りで。



('◇')ゞ



[きふねYY]



名東区の豆知識:お休みです。
posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 14:43| Comment(0) | 協議会

2018年04月19日

最多参加!

17日(火)に、今年度1回目のそだつ部会を開催。実質、3か月ぶりであったことと、報酬改定に伴う大きな制度改正のタイミングとなり、参加者36名・・・第8会議室でよかった・・・(/ω\)

それでも椅子や机は足りなくなるわ、多めに刷ってきた資料もないわで、開始早々てんてこ舞い・・・基幹Cに配属されたばかりで、部会の見学に来ていたKさんのお陰で、何とか・・・ちなみに福祉課に刷り増しをお願いするよう、Kさんに行ってもらったら、叱られたようで・・・m(__)m・・・でもコピーしてくれましたが。

初めて部会に参加した方々に自己紹介もお願いしましたが、資格持っている人ばかりで、こんなところにも制度改正の影響を感じました。

大勢では話ができないので、5つのグループに分かれて制度や事業所の話をしっかり!時間がいくらあっても足りない位の盛り上
がりできた。 [センター長]

DSC_0152.JPG


posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 16:02| Comment(0) | 協議会

2018年03月19日

車いす講習会

お久しぶりです。うごく部会です。


313()にネットワークひまわりの研修室をお借りし、             

ヘルパーさんやグループホームの職員さんを対象に車いす講習会を開催しました。

IMG_0597.jpg


日頃、車いすの介助をしているものの、いつの間にか基本を忘れてしまっていたり、今更聞けない疑問を持ち続けていたりするのではないかという部会メンバーの話から、「車いす講習会を企画しよう!」となりまして、今回の開催となりました。


講師にはひまわり福祉会ひまわりの風の理学療法士 榊原悦修さんをお招きしました。

車いすを安全に使うために大切なことなどを実際に車いすを使いながら教えていただきました。

また、車いすユーザーの方にもご協力いただき、お話を聞くこともできました。

IMG_0604.jpg   IMG_0657.jpg


参加者の皆さんには、車いすに乗って介助を受ける立場の体験もしていただき、普段とは違う視界の低さに気づいたり、車いすのスピード感に恐怖を感じたりもしながら、わいわいガヤガヤとにぎやかな講習会となりました。

 IMG_0127.jpg IMG_0648.jpg IMG_0142.jpg

参加者の皆さんからは、

「講師さんの話がわかりやすかった」

「車いすを利用している人の話が聞け、とても参考になった」

「車いすに乗ってみて、利用者さんの気持ちがわかった」などなど、とても好評でした。


榊原さん、Yさん、ご協力ありがとうございました<(_ _)>     [ふねたん]













posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 16:26| Comment(0) | 協議会

2018年03月07日

「しる部会」

お疲れさまでございます。



世の中には、見えるけれど、見えていないもの、が存在します。



2月20日(火)、「しる」部会を開催しました。
波紋を投げかける出来事が起こると、それに影響されないわけがありません。
「しる」部会は、何かを「知り」、それを「知らせる」ことに重点を置いています。
今回も、



「我々は何を知っていればいいのか」
「我々は何を知らせればいいのか」



……という存在証明の部分(大げさ)から、



「どうすれば、名東区で、それが起こるのを防ぐことができるのか」



……という大きな話に。
答えがなかなか出ない、しかし何もしないわけにはいかない。
むしろ、答えがなかなか出ないからこそ、何かやってみる。



「何かやってみる」。



何をやりましょう?



……ま、まだ決まってないのですが。



G.K.チェスタトンの推理小説に、「見えない人」という作品があります(その筋では超有名です)。
見えるけれど、見えていないもの。
チェスタトンは逆説と諧謔と思考実験の人ですので、「見えない人」で使われたトリックが、現実的に可能かどうかはともかく。
この主題は、ミステリー小説では繰り返し使われていて、盲点、錯覚、脳の機能……など、いかに「見えない人」という不思議な現象を合理的に説明しようか、と知恵が絞られてきています。
それでも、チェスタトンの「見えない人」が優れているのは、この盲点や錯覚が、社会的なものとして存在するのではないか、と考えたところではないでしょうか。
個人には見えていても、社会からは見えていない、社会が見せていない。



一方で、こんな歌もあります。



「人類の欠点は見えもしないくせに 愛とか絆とか信じられること」



その欠点が尊いのだ、と。



それでは、この辺りで。



('◇')ゞ



[きふねYY]



名東区の豆知識:お休みです。
posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 11:53| Comment(0) | 協議会

2018年02月28日

協議会広報(第4号)

お疲れさまでございます。




1月、平成29年度第4回の名東区障害者自立支援連絡協議会の全体会が行われました。




協議会広報第4号(PDF版)

↑クリックすると、別ウィンドウで表示されます。

※ファイル形式はPDFです。閲覧には、閲覧用ソフトが必要な場合があります。Adobe Acrobat Readerは、無償で提供されている閲覧ソフトです。必要な方は、こちらからダウンロードしてください。




また、WORDファイルもアップロードしています。



協議会広報第4号(WORD版)




↑クリックすると、「読み取り専用」のファイルがダウンロードされます。



そろそろカフンガーの時期ですね……。
毎日眠かったり……疲れる前に休みましょう。
みなさま、ご自愛ください。



('◇')ゞ




よろしくお願いいたします。



[きふねYY]
posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 13:19| Comment(0) | 協議会

2018年02月22日

事業者連絡会を開催しました

 2月19日(月)、今年度2回目の「事業者連絡会」を障害者スポーツセンター会議室にて開催。

人材不足が続く中、「職場内のコミュニケーション」を通して職場の働きやすい環境や職員の定着率の向上について考える機会にしていただこうと企画しました。

講師さんは、日本コミュニケーショントレーナー協会 認定コミュニケーショントレーナーであり指定共同生活介護ミモザ サービス管理責任者でもある北村桂介 氏をお招きしました。
話し手と聞き手の役割分担をしながら、「聞いてもらった感を感じる」演習などを、実際に体験をしました。私自身、初対面の方に、悩み事を聞いていただいたり、相手の方のお話に向き合っているうちに、妙に親近感を覚え、これが「信頼関係の構築」の第1歩かなぁと感じながら参加しました ^^)
参加者の皆さんも遠慮なくお話されている様子で、「時間が少なかったため、もう少し聞いてみたい」「質問の時間が欲しかった」とのお声もあり、盛り上がっていた印象でした。

  第2回事業者連絡会写真01.jpg
  第2回事業者連絡会写真02.jpg

今回は、障害福祉関係事業所以外に介護保険関係の事業所さん、子育て関係の事業所さんにもお声がけしています。「届いた案内がきっかけで初めて参加しました」と保育所の方にも足を運んでいただき、40名ほどの方が参加、うれしい限りでするんるん

忙しい時間を割いて参加してくださった皆さま、お疲れさまでした&ありがとうございましたかわいい

きふね(n.n)

posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 12:30| Comment(0) | 協議会