2017年05月31日

「しる」部会

お疲れさまでございます。



いつの間にかゴールデンウィークが終わりました。
有意義な時間を過ごされたでしょうか。
私は、スマホであちこちのサイトを見ているだけで、終わってしまいました。
生活のリズムは変わらなかったので、連休明けでもさほどしんどくはなかったです。
休日も平日と同じようなリズムで過ごすように心掛けています。
何のための休日なのか……とちょっと悲しくなったりもしますが。



ちょっと前の話になりますが、5月16日(火)、「しる」部会を開催しました。



企画のプレ実施のため、あらためて必要物品などを洗いなおしていると、「あれは?」「これは?」という話になり……間近に迫ると慌てるものですね。
企画の開催がどんな未来に通じているのかはさっぱりわかりませんが、とにかくやってみよう、という、「勢い」なのか、「蛮勇」なのか、そういった類のものが、大人になってもときどきは必要なんだろうな、と思います。
大人というのは、いろいろと見えているつもりで、勝手にシミュレーションして、結果を知った気になりますから……それで実施しない、ということでは何も動きませんので。
動いてみます。



ところで、世の中には、「キッズウィーク」を作り出そう、という目論見があるようですね。
うーん……夏休みって、大人にこそ必要だと思うんですけれど……そうすれば、大人になりがいがあると思うんですよね……だから子どもの夏休みは3分の1くらいでいいんじゃないでしょうか……そうすると先生方が休めないですか……うーん……。



それでは、この辺りで。



('◇')ゞ



[きふねYY]



名東区の豆知識:江戸時代中期の『張州府志』という書物に、「愛知郡」の地図が掲載されています。

張州府志愛知郡図修正.jpg

(国会図書館デジタルコレクション『張州府志 七 愛知郡図』より/ブログ筆者により加工)。
右上辺りに、「一色」「下社」「上社」「藤森」「猪子石」「高針」「梅森」といった地名(村名)がありますので、この辺りが現在の名東区です。


posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 11:39| Comment(0) | 協議会

2017年05月18日

今月のそだつ部会

今月のそだつ部会は、この5月に事業開始した、児童発達支援・放課後等デイ「Rise」さんにて。広いプレイルームに27名の参加者が車座になって行いました。

参加者が多いことはありがたいですし、今回は久しぶりの顔・初めの顔といろいろでしたが、やはり大人数だと気軽に話す雰囲気は作りづらく・・・今後はグループ分けとかした方がいいのか?とも。一方で、参加者全員が同じ情報を共有できる・・・部会長がケースに関して助言をしたり、直近の実地指導の様子が聞けたり・・・というメリットも捨て難い気がしています。

少なくとも、嫌じゃないからみんな来てくれるんだろうし(甘い?)たらーっ(汗)

次期部会長をどうするかという宿題もあり、すでに十分間に合っているはずの悩みが増えるばかりでございますもうやだ〜(悲しい顔)。  [センター長]
posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 16:05| Comment(0) | 協議会

2017年05月15日

第1回全体会

先週金曜日に、今年度第1回目の名東区障害者自立支援連絡協議会の全体会を開催しました。諸々の事情で、従来は4月実施だったのを5月に移したのですが、確認段階では出席率が高く、「バタバタした4月よりもかえっていいのかなあ」なんて思ってましたが、当日になって「職員が休んで・・・」と欠席連絡がいくつか・・・どこも余裕がない感じです。あせあせ(飛び散る汗)

これも地域課題か・・・いや業界全体の問題か・・・

昨年度の取り組みの報告と今年度の計画を説明してご意見をいただいたのと、ちょうど障害福祉計画・障害児福祉計画策定の年なので、国から出ている指針をネタ(?)に、意見交換を行いました。やはり、「精神障害者にも対応した地域包括ケアシステムの構築」といった辺りは皆さん、関心(不安?)が高く、「地域包括ケア自体がまだまだこれからという中で、どのように・・・」「専門職ばかりがケアを担う時代では無くなるようだけど、支援者の専門性って何だろう?」といった率直で分かりやすい声が聞かれました。カラオケ

区単位の動きはもちろん、市の動向を受けてのものとなりますが、ちょっと心構え(?)ができたかもです。  [センター長]
posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 09:35| Comment(0) | 協議会