2017年03月13日

協議会広報(第4号)

お疲れさまでございます。



1月、名東区障害者自立支援連絡協議会の全体会が行われました。



協議会広報第4号(PDF版)

↑クリックすると、別ウィンドウで表示されます。
※ファイル形式はPDFです。閲覧には、閲覧用ソフトが必要な場合があります。Adobe Acrobat Readerは、無償で提供されている閲覧ソフトです。必要な方は、こちらからダウンロードしてください。



また、WORDファイルもアップロードしています。



協議会広報第4号(WORD版)

↑クリックすると、「読み取り専用」のファイルがダウンロードされます。



いつもより1ページ増です(まとめる能力に欠けているだけですが……)



('◇')ゞ



よろしくお願いいたします。
[きふねYY]
posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 09:21| Comment(0) | 協議会

2017年03月02日

「しる」部会

お疲れさまでございます。


AI(人工知能)の驚異的発展に伴って、人間の仕事が奪われるのではないか、という話題があちこちで聞かれます。
既に機械やロボットが人間の仕事をたくさん奪ってきたのに、何を今さら言っているのでしょうね。
特に日本人は、昔から異質なもの、無機質なものに対する愛着が強い傾向の民族です。
AIに肩入れする人が案外多いんじゃないかな、と思います。
我々の分野で、AIが有効活用されるのかされないのか……さっぱり想像ができませんが、ひょっとすると、人間が支援するよりもAIのほうがいい、ということになったりするかもしれません。



2月21日(火)、「しる」部会を開催しました。



引き続き、企画を練っています。
いい加減練りすぎだろうとか、そもそもこの記事も部会の報告とかいいながら内容に全然触れてないじゃないかとか、そういった突っ込みは受け付けません。



人材育成の話題がしばらく前から熱いです(人類史上でいえば、ずっと熱いですけれども)。
その切り口も、事業や職種によってさまざまではないかと思います。
「裏技」を身につけられれば、達人に見えます。
が、「基本」や「本質」をなくした裏技というのは、ただの外道です。
ひょっとすると、そもそも我々の認識している「基本」とか「本質」なんかを、うまく伝えられていないのかもしれません。
あるいは、「基本」とか「本質」が違っているのかも……と、自戒を込めて考えてみました。
そのあたりを、AIが補ってくれるのか……。



それでは、この辺りで。


('◇')ゞ


[きふねYY]


名東区の豆知識:江戸時代末期の『尾張名所図会』という書物に、「猪子石」の記事が掲載されています。


「猪子石 猪子石村にあり。牝石・牡石ありて、牝は村東の山頂にあり。長四尺五寸、横三尺、高一尺五寸なり。牡あ藤森道の畔、金連(かなれ)川の邊にありて、長五尺、横一尺五寸、高一尺。牝石の形甚奇なり。村の名此石より起る。」


図絵としてはこんな感じ(国会図書館デジタルコレクション『尾張名所図会前編 巻五 愛智郡』(明治13年)より)。


猪子石キャプチャ.JPG
posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 16:38| Comment(0) | 協議会