2016年07月28日

名東区協議会全体会を行いました

今日、今年度2回目の協議会全体会を行いました。

会の冒頭、相模原市で起きた事件について触れたのですが、何よりも惨劇のあった施設で、その後も暮らさなければならない方々がみえること、事件を知って、「自分はいない方がよいのか」と悩んでしまう本人さんがみえることを考えさせられました。

部会報告では、まもる部会から本人さんの参議院選投票報告があり、代理投票の仕組みや、高齢者も含めて結構多いことなど、個人的には大変勉強になりました(今更でお恥ずかしいのですが)。

あと、名古屋市に来月から「障害者差別相談センター」が開設されることを受け、改めて法の概要の確認と、名古屋市の相談体制の説明を聞きました。当センターのYさんが研修報告として行ってくれましたが、当事者団体さんからは実体験もお聞きでき、訴えごとに具体的な解決が図られることと並行し、啓発が進むことが大切なのだと痛感しました。

何人か、体調不良でのご欠席もありました。夏風邪をひいたという方も周囲にみえますし、皆様、くれぐれもご自愛下さい。  [センター長]
posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 12:58| Comment(0) | 協議会

2016年07月25日

「しる」部会

お疲れさまでございます。


ふと、「フルーツパンチ」「フルーツポンチ」は、何が違うのだろう、と思いまして。


○こちら===>>>「今さら聞けない2つの違い」


今は、本当に、大抵のことは検索すると出てきますね。
上の記事を読むと、


・「フルーツパンチ」も「フルーツポンチ」も、「Fruit punch」を日本語読みしたもの。
・「フルーツパンチ」は飲料、「フルーツポンチ」は「フルーツパンチ」に果物を入れたデザート、という理解があるらしい。


ということです。


ロOットパーンチ!(o゚Д゚)======@


マジン※ーZの「ロ※ットパンチ」も、ひょっとしたら「ロ※ットポンチ」だったのかもしれません。


ロOットポーンチ!(o゚Д゚)======@"


7月19日(火)、「しる」部会を開催しました。
相変わらず、とある企画の検討をしていますが、ある程度道筋が出来ていますので、その企画の完成を夢見つつ、次の企画も考えていこうと思います。
今の企画を検討しはじめて、他の区の状況はどうなっているのだろう、といくつかの基幹相談支援Cに情報収集(ヒント下さい)してみました。
そういった企画(資源)はニーズが高いことはわかっていながら、わりとイレギュラーなものなので、今後検討したいという区から、他のところとコラボしてなんて区もあり、いろいろとやり方があるのだなと思いました。
名東区で目指すのは……合……


( ゚Д゚)""!グハッ.........


……ちょっと(自己)検閲が入りました……。




そんな感じで、「しる」部会なのに秘密主義なのは、サプライズを狙っているからです〜。


……ま、実際には、全体会の報告とかでバレてるんですけどね。


(ノД`)・゜・。ワアアーン


顔文字を多用してみました(古い)。


それでは、この辺りで。


('◇')ゞ


名東区の豆知識:……『パンチとジュディ』っていう人形劇は……名東区とは関係ないですね……。

[きふねYY]
posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 17:30| Comment(0) | 協議会

2016年07月15日

本郷学区民生児童委員連絡協議会

713()

本郷学区民生児童委員連絡協議会にお伺いしてきました。


「障害者に関する勉強会」ということで、

障害の特性や困りごと、こんな配慮をといったことを

お話しさせていただきました。

予定していた時間より長くなってしまいましたが、

メモをとりながら熱心に聴いてくださり、

「毎日、○○駅で△△な人を見かける」といった

地域の話題もあがり、基幹Cとしても、地域のことを知る

貴重な機会になっていることを改めて感じました。

本郷学区民生児童委員の皆様、ありがとうございました。


名東区でご活躍の民生児童委員の皆様、

「障害者に関する勉強会」についてご要望等ありましたら、

福祉課までお問い合わせください。   [ふねたん]


posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 16:45| Comment(0) | 日記

2016年07月14日

今月のそだつ部会

毎年7月はお休みの月なのですが、先月せっかく事例検討を行ったので、「その子のその後を知りたい!」というご要望から、今日行いました。皆さん、近づいて来る夏休みに戦々恐々という感じでしたが(^^;

事例検討については、特定のお子さんへの支援のあり方に留まらず、スタッフ間で他のお子さんのことを話すきっかけにもなったようで、よい機会にしていただけたなと思っています。事例提供する方の満足度が高いことが一番大切ですから。

多くの事業所が展開する名東区ですが、「2号店」を出す事業所もちょこちょこ。正直、感心しています。一方で、行政からの実地指導がアポなしで来たとい話題に一同、騒然としたり(-_-;)

あ、そういえば部会長が、「暑気払い」のことを気にしていたなあ・・・
posted by 名東区障害者基幹相談支援センター at 12:56| Comment(0) | 協議会